放射線治療で癌をやっつけろ|最新治療で敵が戦く

沈黙の臓器として

病室

肝臓がんの原因の1つである肝炎ウイルスへの対策が進んでいるので、肝臓がんの罹患者数は減少しています。しかし、肝臓がんの原因は肝炎ウイルスだけではないので、まだまだ患者は多いままです。肝臓に負担をかけないことが予防になるので、アルコールを控えることが大切です。

もっと見る

手術をしない場合に活躍

医師と患者

あきらめない癌ステージ4治療ガイド

癌は放射線治療で克服することができます。様々な医院で対応しているため、比較して決めておくことが大切といえます。

治療法のメリット

放射線治療は、癌の増殖を抑制していく方法で行われます。癌の基本的な治療の1つとされ、癌治療ではなくてはならない方法となっています。放射線治療の効果は、癌の部分に照射していくことで、癌細胞の働きを弱くして消滅させたり減少させたりします。放射線治療は全ての治療に対応していくのではなく、その状態によって治療が選択されます。手術で摘出が難しい場合などは、この放射線治療を行う場合が多いです。例えば摘出できない狭い部分や、転移などで増殖してしまっている場合などです。また、高齢者は外科的手術が体に大きな負担となってしまうため、放射線治療が選ばれることも少なくありません。その他にも、手術や化学療法と併用して行われることも多いです。治療を併用すると大きな効果が期待できるため、手術をしやすくまたは再発防止のための手段にもなります。

治療の仕方

放射線治療では、外部照射と内部照射にわかれます。外部照射は癌の部分に外側から照射していく方法であり、放射線治療室にて行われます。あらかじめ体にマーキングをしていき、照射しやすくしていきます。時間は数分程度で終わりますが、実行するまでに準備などの作業があるため、長くても20分はかかることもあります。このときに放射線技師が付き添って指導してくれるので、安心感があります。そして内部照射では、体内に線源を通して放射線を発する方法や、カプセルに内蔵された放射線を服用していくタイプとがあります。線源を使う方法では他の臓器に放射線の影響を与えない特徴があり、集中して照射できるメリットがあります。以上のような放射線治療は、定期的に受けていきながら経過観察が続けられます。放射線治療は受け過ぎると体にもよくないので、適度の回数が目安となっています

喉に異変を感じたら

手術室

食道がんは年間で約1万人もの方が亡くなっている病気ですが、早期発見や予防によりその脅威を防ぐことも可能です。そのために喫煙や飲酒といった主な原因になる行為を控えることや、初期症状について知った上で異変を感じたらすぐに病院へ行くことが大切になってきます。

もっと見る

外国語とネットの活用

医師と患者

城東区内の内科には、英語に対応している医療機関が存在するので、英語圏からの友人をサポートしてくれます。ネット予約が可能なので、予防接種や検査の時にはネットで料金を検索して、比較してから予約するのがおすすめです。

もっと見る

Copyright © 2016 放射線治療で癌をやっつけろ|最新治療で敵が戦く All Rights Reserved.